固定ページ

Links:

シリコンハイドロゲルは目を乾きにくくする

オシャレ雑誌を見ると、必ずと言っていいほど掲載されるアイテムが登場しました。それが、カラコンです。カラコンは、様々な色があり、自分の目の色を好きな色に変えることができる、という優れモノです。また、現在目を大きくするメイクが流行りですが、この目を大きくする作用がカラコンにもあるとされ、様々な会社から様々な色や特色を持ったカラコンが登場したのもあり、大流行となっています。また、多くのカラコンの素材には、シリコンハイドロゲルという物が使用されています。これは、長時間カラコンを付ける際でも、目を乾きにくくするとされており、その効果は水よりも酸素を通すとされています。このため、何度も目薬を差す必要もなく、気軽におしゃれを楽しむことができます。シリコンハイドロゲルは、まさに、カラコンを付ける人には嬉しい素材です。

シリコンハイドロゲル素材について

現在、我が国日本で発売されているコンタクトレンズの素材というのは、大きく分けて2つあります。従来のハイドロゲル素材のレンズとシリコンハイドロゲル素材のレンズであります。ここで、取り上げたいのがシリコンハイドロゲル素材のレンズの方です。これは、従来のコンタクトレンズよりも酸素の透過性が良くて、乾燥にも強いコンタクトレンズであります。従来のハイドロゲル素材のレンズの実に驚くべき約2.5倍から6倍もの酸素を通すという優れ物です。酸素透過性が高いため、コンタクトレンズを寝たまま付けっぱなしでも平気です。ただ、このような優れた特徴を持っているシリコンハイドロゲル素材のレンズですが、デメリットもあります。そのデメリットは、脂質がレンズに付着しやすいことです。顔の脂などがレンズに付着しやすいため、こまめにケアをする必要があります。また、従来のハイドロゲル素材のレンズよりも価格が高くなってしまいます。

シリコンハイドロゲルのカラコンとは

カラコンの新素材として、シリコンハイドロゲルが人気になっています。酸素透過性が高いので、目が傷つきにくく、乾燥しにくいというメリットがあります。シリコンハイドロゲルのカラコンを使うと、目のトラブルが少なくなるので安全です。カラコンは、視力が悪くなくてもおしゃれのためにつけている人も多いです。目の中にコンタクトを入れるので、目に違和感を感じてしまいます。どうしても長時間つけていると、目が乾燥して、疲れてしまいます。目が乾燥すると、目が傷つきやすくなるので、コンタクトのトラブルで眼科に行く人も多いです。そんな人はシリコンハイドロゲルのカラコンに変えてみるといいです。メリットがたくさんありますが、値段が高いというデメリットがあります。そして、汚れがつきやすいので、目元のメイクなどが付いてしまう可能性があります。